読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梨本塾12月 (梨本塾36回目/トミン94回目)


今年最後の塾。今年は12回参加、皆勤賞でした。そして今月も転倒がなければ、全戦でポイント獲得! と勇んで参加したものの、寒い、寒すぎる! 梨塾開催の中でもこんなに寒いコンディションもないとのこと。この日は全く陽が差しませんでしたからね。。



そしてまさかのウェット路面。前日は雨が降ったものの、まだ路面が濡れてるとは思いませんでした。塾長の提案で、トミンさんに承諾をもらって四輪でコースを乾かそう作戦。自分は車がないので参加できませんでしたが、かなり不思議な光景でした。


フリー走行 1


それでもまだ路面はウェットだし温度も低いので、自分は1本目のフリー走行を見送りました。2本目はもっと改善するだろうという目論見です。

フリー走行 2



2本目になると、走るライン付近は徐々に乾いてきた。最終コーナーなんかはくっきりと乾いてきた。ただ、1コーナーはまだ濡れていて、どれくらいで走れるのか分からない。左コーナーもよく分からない。身体はガチガチで、タイムもギリギリ28秒台を掠るくらいだった気がする。

タイムアタック



こんな路面温度なので、ウォーマーのある人は走れば走るほどタイヤが冷えるらしい(Aクラスのグリーンフラッグが早く感じたのはそういう意味もあるのかも??)。逆に自分は走って温めるしかないので、タイヤのゴムを動かすように温めて、計測10周の後半で勝負。タイムは28秒062で6番手。3rdローです。。

■ K-RUN GP



あまりにも寒すぎて危険なので、今回はローリングスタート。コースイン直後は明らかに前のペースが速い。当たり前だけど、自分の感覚では全くそんなペースで走れそうにないので、前との感覚は空きつつも落ち着いて走る。塾長もそれで良いというサインを送ってくれていた(気がする)。



5分弱のラップ後、K-RUN GPスタート!



相変わらずタイヤのグリップ感はないので慎重に走行。上位はどんどん離れていく。タイヤウォーマーの力だけでなく、あれはセンサが鋭いが故のペースだと思います。



周囲は後半の方が厳しいシチュエーションになるのに対し、自分は走るほどにタイヤは温まっていく。



それでも帝王前の切り替えしや左コーナーは恐る恐る走る。



それでも何とか20周完走。

おかげさまで2012年は12回のK-RUN GPを走り、12回のチェッカーフラッグを受けることができた。そのうち4回はトップでチェッカーを受けることもできたし、25秒台もほんの少し見ることができた。そして年間チャンピオンもいただくことができた。ちょっとうまく行きすぎですね。。 来年は何を目標にしよう。まずは本調子を取り戻すところからですねf(^_^;


写真:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/