読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梨本塾12月 (梨本塾46回目/トミン124回目)


2013年の30回目の走行。走り納めは今年も梨本塾。昨年とは違って天候も良好。最高気温も10度くらいはある。太陽の光も届いている。ただ、少し風が強くて人間も寒いし、路面やタイヤの温度が上がりにくい。それでも約40台の参加者で大盛況!

走行開始直前にコース上を歩いたところ、路面温度は場所によって-2〜8度。やはり帝王コーナー近辺の路面温度が低い。計測ポイントによっては、-2度以下のところもあったかもしれない。



フリー走行 1


塾長の全体周知の中の話を受け、1周目は55秒くらいで周回。これはただペースを落として走るということではなく、全力で路面温度とバイクの動きを感じとりながらの走行。ペースの遅い/速いじゃなくて、何かの目的できっちりやる。yktさんの新しい方のブログにとても良いことが書いてあります。「コースインしたら気を抜かないこと」のくだり、お気に入りの記事です。



そこからタイヤウォーマーなして20周走って、午前前半の走行は終了。本数を多くすると、一旦タイヤが冷えてしまい、タイヤを温める分のオーバヘッドが大きくなって非効率なので、1本だけで終了。ベストタイムはラストラップでやっと28秒9。

走行直後でタイヤの温度を測ると、リア右47度、リア左29度。フロントはそれぞれさらに少しずつ低い。やはり左が温まりにくい。

フリー走行 2


午前後半の走行開始時点では路面温度は16度くらいまで上がっていた。「これは2週間前のコンディションに近づいているので期待できるのでは!?」と思ったけど、グリップ感に乏しく、スムーズな走りができない。タイムも27秒3くらいで安定してしまう。

朝に2回転抜いたフロントイニシャルを締め戻す。いつもだと「同じタイムを出すなら楽になる」方向の変更だけど、今日はわずかな違いしか感じられない。それでも一度だけ26秒94。かろうじて、今日初の26秒台。



今度は立ち上がりでリアをビシッと安定させたくて、リアのイニシャルを2回転締めたところ、リアが高すぎて走れない。3周ほど走って「これはないな」と思って、ピットインして2回転緩めた(戻した)ところで、Aクラスのフリー走行終了。

今日はマズイぞ…、と思って周りも探ってみると、みなさんタイムが出ていない様子。

タイムアタック


今日のセッティングは全然詰められてないけど、午前の走行後にタイヤの空気圧を測ったところ、前後とも0.2キロ弱高かったので、温感で1.9くらいになるよう、リセッティング。

サスの方は、同じ路面温度である2週間前のセットに微修正。サスセットのデータは、きちんと路面温度やタイヤの状態と併せて記録しておくのは重要ですね!

この時期の自分なりのウォームアップの目安は12周。ただ、この日はコースインから8周くらい(?)で計測が開始されたので、タイヤが温まった終盤でベストを出すことにした。ただし、万が一のミスを考えて前半でも1度はアタックしておきたい。

ただ、前走者に詰まってしまう機会が多く、思ったほどクリアラップは取れない。しかも、左進入前のブレーキングで止まり切れず、コースアウトしそうになった(きっと、まだグリップが十分に得られてなかったのだと思う)。後ろを走っていたYoshikazu先輩、ビックリさせてしまってすみません(汗)

ここまでは27秒フラットがやっと。このままではダメだと思って、一度ピットイン。ボードには残り3周の掲示。時間がない! 最後の1周で何とか26秒5。タイム的にはフロントローは取れるだろうけど、公式にも記録されているかどうか心配。



と思ったら、12月にして今年初のポールポジション。去年は6月7月8月と、3回連続でポールポジションを取れたけど、今年は1回も記録できてなかったんですよね。

■ K-RUN GP



ポールのアウト側の優位性を活かしたいところだったけど出遅れてしまった。反応は悪くなかったけど、回転を上げすぎてクラッチミート時間が長くなってしまった。



多少離されるのは覚悟で、きっちりタイヤを温める。





Tさん撮影の動画です。いつもありがとうございますm(_ _)m


2周目でgaiさんが帝王手前のS字でコースアウト。が、ロッシがラグナセカコークスクリューを走るかのようなバイク捌きでコース内に戻ってきました。真後ろで土煙を見ながら、gaiさんとの衝突はなんとしても避けねば!と思っていたのに、そのまま普通に走行継続。さすがです!



26秒9〜27秒2くらいで前の二人に着いていく周が何周も続く。自分としては十分に着いていけるペースではあったけど、前の2人をパッシングできるほどの作戦はなかった。



最後の5周くらいでgaiさんが1コーナーでラインを外した隙にパッシング。



ここから少し間が空いてしまったトップを狙う。



1コーナーでのパッシングはチャンスがなさそうと判断し、左コーナー進入を狙う。1コーナー立ち上がりから帝王の進入・立ち上がりのラインやタイミングを試行錯誤して、3回ほど狙ってみた。




Tさん撮影の動画です。いつもありがとうございますm(_ _)m


そうこうしているうちに20周が終了。あと3周あればかなり良い勝負ができそうでしたが、これも実力。チャンスを活かしきれませんでした。でもとっても楽しかった! 帝王を外から入って、自分の方が先に加速するラインとタイミングを、周毎に微妙に調整しながら試しているのが最高に楽しかった!

周回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
タイム N/A 27.70 27.05 27.21 26.94 26.77 26.90 27.21 27.15 27.14
周回数 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
タイム 26.90 27.06 27.30 27.05 27.37 26.42 27.23 27.07 27.01 27.11




今年も最後の走行が終了。皆さんお疲れさまでした!



今回一番のお気に入りの一枚。PCの壁紙にしてます♪


写真:  梨本塾:http://kei74moto.client.jp/
カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄


○タイヤ:
 F:DIABLO SUPERCORSA SC1 (120/70) 360 LAPs (含逆履き: 90 LAPs)
 R:RACETEC INTERACT K1 (180/55)   240 LAPs (含逆履き: 90 LAPs)