読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トミンフリー走行 (トミン83回目)


久々の平日トミン。今日はサシ塾も行われています。自分もできればレッスンを受けたかったのですが、休みを取ったときには既に定員数いっぱいの状態で残念(><) それでも、知り合いが多いので十分楽しい! レッスンを受ける人以外にも知り合いが多かった!


■ 午前フリー走行


前回の走行(5月の梨塾)では、はじめは思ったよりもタイムが出なくて悩みましたが、今回は本気で走り始めた周(6周目くらい)からきちんと26秒台に入ります。さらにペースを上げ、狙って26秒5も出せる! 前回と違って前後ともにタイヤの状態が良いのはあるけど、それにしても今日は調子が良い。

でもその後さらにペースを上げても26.4秒台より上にはいけない。いや、十分に良いタイムではあるんですが、ぴったりと固定されたように26.4秒台止まり。前回の走行で26.25秒というタイムは出せましたが、実は26.2秒台はこれ1つだけで、さらにいうと26.3秒台は1つも出ていないんです。なので、今日はタイヤの状態を考えても26.3秒台を確実に出したい!

なぜ26.4秒台止まりなのかとどうしたものかと悩みましたが、どうやらブレーキで止まり過ぎているみたい。特に1コーナー進入が顕著な様子。1コーナーが上手くいかないと左の進入にまでわたって影響してしまうのでこれは重要ですね。自分は結構ファイナルがショート気味なので初期で制動しすぎると、その後は全然スルスルっと前には出ず、止まってしまいます。



photo by GSX-R600な方


そこに気を付けて走っていると、うまくいった周は26.3秒台に入ってきて26秒30までタイムを伸ばすことに成功。この「うまくいった周は」というのがキモで、なかなかこれが難しい(^_^; ブレーキの制動力の立ち上げ方とリリースの仕方で調整しているのですが、この調整によってバイクを安定してイン側に向かわせる制御が難しい…。

相対的にいうと今まではギュッと握ってスパッと(といってもある程度の時間を使いますが)離していたので、走らせ方によるバイクの動き方にあまり違いはない。ところが、今回のような走らせ方は、操作の仕方に幅があるので、そのアウトプットにも幅が出てくる(良かったり悪かったりする)のです。



photo by GSX-R600な方


ちなみに、26.3秒台に入れられるようになったのは、帝王コーナーの進入に関して塾長にいただいたアドバイスも大きいです。ありがとうございました! これによって進入が窮屈にならなくなっただけでなく、左コーナーへ向けての加速もやりやすくなりました(直線的に取れるので)。


午前中は77周で終了。タイヤが減る。。。


■ 午後フリー走行


午前よりもさらに台数が少なくなってとっても走りやすい。フリー走行の日でこれ以上のコンディションは見たことない! 午前に会得したことを実行すると、26.3秒台はいくつか出せるようになってきた。でもやっぱりそれ以上は伸びない( ̄▽ ̄;) この後同じことを繰り返しても時間もタイヤももったいない気がして、何かを変えてみることに。

最弱から3回転のフロントのイニシャルを半回転締めて5周走行。劇的な違いには気付けなかったけど、少なくとも悪い方向ではなさそう。さらに半回転締めてまた5周ほど走行。ちょっと分かってきた気がする。方向性を確かめるために、ここでもう2回転締めてみる。

やっぱり違う! 1コーナーでブレーキをリリースしていくとの孤の描き方が変わる(イメージ的には↓の図)。しかも午前中の状態と違ってそのラインを狙いやすい(ブレが少ない)。一番分かるのは1コーナーだけど、左コーナー等でもレールに乗ったような感覚が強くなった。これで走ると26秒27まで到達。生涯2度目の26.2秒台が出せた!



ただ、フロントをイニシャルで縮めたせいか、伸びてくる強さがちょっと大きい気がしたので、フロントのテンションを0.5回転締めこむ。回転数的には一ヶ月前のフォークオーバーホール前の状態にほぼ戻ったことになります。この状態で集中してさらに走ると、5月梨塾で出した26秒25を0.05秒更新して自己ベスト達成! 26秒20が出ました! 前回のように数あるなかで成功した周で「出た」のとは違い、今回は色々試すことで「出す」ことができたところに価値があると思います。



その後、長い休憩を挟んで残り15分で再コースイン。このとき、さらにフロントのイニシャルを1回転締めてコースインしています。やっぱりこの方向は間違ってない気がする。ただ、ブレーキリリースでのラインは狙いやすくなったものの、今日だけで4回転締めこんでいるのでフロントの高さが上がっているせいか、コーナリング中盤〜後半にかけての曲がり方は弱くなってきた気がする(帝王でブレーキをリリースしきったとことから立ち上がりにかけて等)。



photo by GSX-R600な方


そこで残り5分でリアのイニシャルを1段かけて再度コースイン。狙って26.3秒台で走れていたので少なくとも悪い方向ではないと思いますが、正解かどうかを検証するほどの時間はなく、16時のチェッカーフラッグ。これは次のお楽しみということで。最終ラップは26秒35でした。

あとはバイクが寝たまま開けてしまう走り方、これはなぜそうなるのかを考えてきちんと直していこう。最遅地点でまだ前を向けてないのが原因かと思うんだけど、じゃあなぜそうなのかを、ってこと。


1日使えて台数も少ないと色々試せて良いですね。充実感があって楽しい1日でした。みなさん、お疲れさまでした〜


○タイヤ使用状況:
 F:DIABLO SUPERCORSA SC1 137 LAPs (1.1時間)
 R:RACETEC K1 243 LAPs (1.9時間)
○サスメモ:
 FIN: S→7.0 / FTEN: H→1.0 / FCOMP: H→1.0
 RIN: S→6.0 / RTEN: H→1.5 / RCOMP: H→8.0