梨本塾7月 (梨本塾134回目/トミン290回目)

天気が心配な7月梨本塾。
予報によるとどうやら午前は曇りで雨は降らなさそう。
午後は14時あたりからポツポツくるかも、という天気。

 

ところが蓋を開けてみると午前から快晴で非常に暑い。
暑すぎ&転倒によりトミン最寄りの駐車場から救急車が出払ってしまったこともあり、K-RUN-GPは中止。
模擬レース形式ではなく予選とは別に再度タイムアタックを行って決勝順位とするタイムスケジュールになった。

 

f:id:key-e:20210718150446p:plain

 

午前フリー走行

1本目で26秒79が出た。
この調子だと今日は26秒4くらいかなぁという感触。

 

2本目はもう少し詰めた走りをしたのだけれど、26秒64までしか更新できず。

 

タイムアタック

本番パワーを信じてタイムアタック開始。
ガムシャラに走ると忘れてしまいやすい、

  • ブレーキで止めすぎない(止める→曲げる、ではなく、一連の流れになるように)
  • 身体を動かす(倒れ込みの一瞬でフッと力を抜く。その後もサボらない)
  • 一番深いバンク角のタイミングを意識(これを待たずに開けないように)
  • 目線はコーナーの「先」かつ「上方」

あたりを念頭において走行。

結果は26秒49(公式計測は26秒421)でAクラス3位。
今月から復帰されたGSX-RのKさんが既にメチャクチャ速くて驚いた!

 

 


 

K-RUN-GP(決勝としてのタイムアタック

決勝は予選と決勝のそれぞれのタイムアタックのベストの合算値になるということで、まだ挽回可能。

ただ、気温も上がっているせいか車体が止まりにくいし加速させにくい。
タイヤはまだ新しめ(トミン2回目)だけど、路面温度が50℃を超えてくるとやはり顕著に滑るので無理ができない。

焦って深いバンク角のまま大きく開けてしまってハイサイドになりかけたシーンもあった。。

 

 

結果は26秒47(公式計測は26秒375)でAクラス2位。
総合結果もAクラス2位ということになりました。

前年度チャンピオンより自分の方が一度多くポイントを獲得しているため、これまでは自分が年間ランキング1位をキープできていたけれど、今月で前年度チャンピオンにポイントで並ばれてしまった!

なかなか厳しいけれど、残り6か月を負けずにがんばっていきたい。

 

 

f:id:key-e:20210718151253p:plain
 

 

全クラスの走行後、表彰式の途中で豪雨。

あまり経験がないレベルの強い雨で、表彰式の途中で各自ログハウスや車に避難。

 

 


 

なかなか止む気配もなく、流れ解散のような形になりました。
(梨本塾には2009年から参加しているけれど、こんなのは初めて)

 

帰りの道中ではすっかり晴れてきましたw

 

f:id:key-e:20210718150531p:plain

 

 

f:id:key-e:20210718150918p:plain

 

ガレージにバイクを片付けで無事終了!

 

 

公式レポート

 ※掲載され次第、随時リンクを貼っていきます。

 

天候:晴れ
気温:22〜31℃(非常に暑い)
路温:40~50℃オーバー
ベストラップ:26.47
リザルト:【予選】Aクラス3位 (26.421) 【決勝】Aクラス2位 【年間】1位 (先月比 ±0)
周回数:65 周
Fタイヤ:V3 SC1 (122周) / トミン1回 (正履き:2回、逆履き:0回)
Rタイヤ:V3 SC1 (122周) / トミン1回 (正履き:2回、逆履き:0回)
メンテ: -

梨本塾6月 (梨本塾133回目/トミン289回目)

朝から雨。
天気予報を見ると午後からようやく止んで曇りになるかなぁという状況。

 

f:id:key-e:20210627155100p:plain

 

自分は朝イチ8:00〜で梨塾ガレージで前後タイヤ交換をお願いしていたので、バイク自体は下ろしたものの1〜2本目の走行は見送り。
(この日はA&Bクラス30分、C&Dクラス30分を交互に繰り返すイレギュラーなタイムスケジュール)

 

f:id:key-e:20210627155156p:plain

 

2本目の途中でこれくらいには乾いてきた。
ただ、ところどころにウェットパッチが残っていて、3本目でも思い切りは走れない。
ビビリな自分は必要以上に走りをセーブしてしまい、3本目のベストは28秒9。


 

昼休みを挟んだ4本目のフリー走行、乾きは進んだもののやはり同じ場所が濡れていて、27秒9までしかタイムを伸ばせない。
裏ストレート途中の水たまりはほぼ気にならなくなったものの、1コーナー途中と左コーナー進入時のウェットパッチはどの程度思いきれるのか分からず不安……。

 

いよいよ走行5本目となるタイムアタック

1コーナーの方は踏んでも問題ないかもしれない。
だけど、自分は安全側に倒してウェットパッチのイン側に軌道修正するラインで走行。

左コーナーの方は全く踏まないラインは不可能なので、水が乾き始めている部分を通すことにした。

多少リスクも許容しつつ出したタイムが26秒70(公式計測で26秒656)。

 

 

f:id:key-e:20210627160800p:plain

 

 

f:id:key-e:20210627161000p:plain

# この写真、「こっち見んな」っていうくらい正面見てる(笑)
# ちゃんとコーナーの先を見ないと…

「このままでは終われない」と思って最後のフリー走行も走ることにした。
タイムアタック時よりも路面状況が好転していると考えたのもその理由の一つ。

若干乾いてはきたもののやはり同じところは濡れているので、それまでと同じラインで走行。
1コーナーは無理やりイン側のラインを通すためにブレーキを(弱くではあるけれど)結構奥まで握ったまま走るので速度が落ちすぎてしまう。
左コーナーも通常よりスピードを落とし、かつ、少し行き過ぎてから戻る形なのでここでもロスがある。

その割にはタイムは26秒51まで出たので、自分なりには納得の結果。
一発タイムというわけでもないし、26秒5x台は何度か出ていた。

 

 

 

f:id:key-e:20210627161216p:plain


それにしてもI山さんが急激にタイムを伸ばしていて驚いた!
最近また26秒中盤を出す人が増えてきて楽しい♪

 

 

公式レポート

 

天候:晴れ
気温:22〜28℃
路温:42〜48℃
ベストラップ:26.51
リザルト:【予選】Aクラス3位 (26.656) 【決勝】Aクラス3位 【年間】1位 (先月比 ±0)
周回数:57 周
Fタイヤ:V3 SC1 (60周) / トミン1回 (正履き:1回、逆履き:0\回)
Rタイヤ:V3 SC1 (60周) / トミン1回 (正履き:1回、逆履き:0回)
メンテ: 朝イチで前後タイヤ交換

梨本塾5月 (梨本塾132回目/トミン288回目)

今月3回目のサーキット走行。
ひと月に3回も走るなんていつぶりだろう(調べたら2019年4月以来だった)

 

f:id:key-e:20210613152828p:plain

 

午前フリー走行1本目

路面40度、21周走行。
かろうじて26秒99が一周あったけれど他はがんばっても27秒0。
タイヤの消耗が進んでいるとはいえ、今日は難しい予感。。

 

午前フリー走行2本目

路面44度、24周走行。
やはりタイムが出ず、26秒台が数えるほどしか出ない。ベストは26秒83。
「乗れてるけれどタイムが出ない」ではなく、「乗れてないしタイムが出ない」感覚。
身体も頭も疲れている気もする… 

 

f:id:key-e:20210613153723p:plain

 

タイムアタック

前年度チャンピオンに引っ張ってもらう形で26秒61が出た。
今年度これまでのタイム推移からすると物足りないけれど、午前の状況を考えると上出来。

 

K-RUN-GP

2月以来のK-RUN-GP。
バックマーカーに追いつくまではずっと27秒0以下で走れた。
車体やタイヤのポテンシャル的には問題なく、やはりライダー側に原因があるみたい。

とはいえ、前後ともタイヤの状態はイマイチ。
帝王や最終コーナーの立ち上がりで滑る。
これまでのタイヤライフ管理からするともう少し走れそうだけれど、ここで変な癖がついてもいけないのでタイヤは交換しよう。

 

 

公式レポート

 

天候:晴れ
気温:21〜25℃(前回走行時(勉強会)に比べるとマシだが暑かった)
路温:40〜47℃(路面温度は前回勉強会よりも上)
ベストラップ:26.38(前回走行時と同タイム)
リザルト:【予選】Aクラス3位 (26.656) 【決勝】Aクラス3位 【年間】1位 (先月比 ±0)
周回数:89 Laps
Fタイヤ:V3 SC1 (340周) / トミン4回 (正履き:4回、逆履き:1回) +袖ヶ浦11周
Rタイヤ:V3 SC1 (340周) / トミン4回 (正履き:4回、逆履き:1回) +袖ヶ浦11周
メンテ: - (次回朝イチタイヤ交換)

梨本塾勉強会 (トミン287回目)

年に一度の梨本塾勉強会。
今年はここまで調子よく推移してきているので、今回の勉強会で丸一日しっかり練習したいと思って参加してきた。

 

画像

 

フリー走行1(午前1本目)

走行22周。序盤は塾長による先導。
タイム出しはなく、塾長のラインをなぞることを優先。
なかなか走るのが難しいしタイムも大分落ちてしまうけれど、後ろについて勉強させてもらった。
ベストタイムは26秒99。

 

Image with no description

 

フリー走行2(午前2本目)

走行18周。路面40度。
1本目の走行を復習しながら主に単独走行。
ベストは26秒59。
ここ2ヶ月の梨本塾では朝イチからタイムアタックで26秒4くらい出せていたことを考えるとタイム的には物足りない。
やはり頭の切り替えとか気持ちの持って行き方が違うのだろうか。。

ここ数回変更していないサスセットの現状を確認したところ、FのイニシャルはS→4(最弱から4回転締めただけ)の状態で、想定以上に締めていない状態だった。
対してRのイニシャルはS→13でそれなりに締めた状態。

昨年までのセットから考えると、Fに対してRだけプリロードをかけすぎな状態に思えるけれど、これでタイムが出ていたのだから先入観を持ちすぎるのはよくないと思った。

f:id:key-e:20210515225544p:plain

 

フリー走行3(午前3本目)

走行14周。路面45度。ベストは26秒53。
フロントのイニシャルを2段強めた(S→6状態にした)。

1コーナー進入時、「ブレーキリリース後にステップを擦ってしまいそう」という心配(実際、擦ってしまう)があり、なかなかブレーキを離しきれない。
ブレーキを長めに握ってしまうのは、スピードを落とすことでバンク角を浅くしたいという思いがあるためかもしれない。

ステップよりも先にブーツのつま先アウト側を擦ってしまうので、まずはステップへの足の置き方を変えなければ……。

 

f:id:key-e:20210515220059p:plain

フリー走行4(午後1本目)

走行17周。路面45度。ベストは26秒38(一発タイム)。
通常の梨本塾のタイムスケジュールのように、数周のフリー走行の後にタイムアタックがあるつもりで走行。
途中でFINをさらに2回転締めてS→8の状態にした。
一発タイムで26秒38が出たけれど、ほとんどが26秒5xやそれより遅いタイム。

これくらい気温が上がってくるとエンジンパワーが落ちて簡単にスロットルを全開にできてしまう。。
そして帝王の立ち上がりで何度かリアが滑ってしまっているので注意して走らないと。

全般的に進入への注力度が高くて、立ち上がりは相対的に軽視してしまっている気がする。。

 

f:id:key-e:20210515230059p:plain

 

フリー走行5(午後2本目)

走行19周。路面45度。ベストは26秒77。
フロントに対して締め過ぎなRのイニシャルを3回転抜いて走行。
走りやすいしロングランには良いけれど、タイムは出なくなってしまった。
ということで、一旦元の状態に戻した。

 

 

 

タイムアタック(午後3本目)

最後のセッションはスタート練習ではなく、タイムアタックシミュレーションに変更になった。
通常の梨本塾のときのように、オフィシャルによるタイム計測あり。

何周か走ってもアベレージとしてのタイムは出なかったので、狙った特定の周だけアタックすることにした。
手元のLAP SHOTでは26秒5xしか出ていないけれど、計測ポイントの違いもあり、公式タイムとしては26秒391で1位のタイムだった!

 

 

一日の終盤になるにつれて、自分の力の入れ具合に対してタイムが上がらなくなってきたけれど、タイヤの消耗(トミン4回走行)と温度(路面45度、Fタイヤ55度、Rタイヤ63℃)を考慮すると悪くないのかもしれない。

自分としては珍しく、午後はRタイヤのグリップ低下は顕著に感じたなあ。

 

画像 

 

 

公式レポート

 

 

写真提供:梨本塾 影兄 http://kei74moto.client.jp/

写真提供:ぐるぐるぽっくさん 

 

 

天候:晴れ(前後の日と比べて極端に暑い。ただし湿度は低いため不快さはなし)
気温:24〜27℃(走行開始〜ピークの気温)
路温:30〜45℃
ベストラップ:26.38(シーズンベストの0.06秒落ち)
リザルト:【タイムアタック】Aクラス1位 (26.391)
周回数:102 Laps
Fタイヤ:V3 SC1 (250 LAPs) / トミン4回 (正履き:4回)
Rタイヤ:V3 SC1 (250 LAPs) / トミン4回 (正履き:4回)
メンテ: -

梨本塾4月 (梨本塾131回目/トミン286回目)

またしても前回の梨本塾以来まるまる一ヶ月CBRに乗ることなく梨本塾を迎えてしまった。
そして先月同様、天候の関係で1本目からタイムアタックというイベント進行。
意外と先月は1本目から良いタイムは出たものの、たまたまかもしれないし不安いっぱいで始まった4月梨塾。

 

願掛けということもあり、先月同様にブリーフィング後はコースを1周自分の足で走っておいた。
適度に疲れておいた方が力が抜ける気がするので。

そして、その中でコース中の気になる部分の路面を触って温度を確かめておいた。
これだけで気持ちの面での不安は1つ解消できる。

 

f:id:key-e:20210426202459p:plain

 

 

1本目(予選タイムアタック

予定通り1本目からタイムアタック開始。
9周目まで身体を慣らした後、10周目からタイムアタックを開始。

そのタイムアタック1周目が26秒6。想像以上に良いタイムが出る。
路面も26℃ほどありコンディションが良いこともあるけれど、ライダー側の調子も悪くないみたい。

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/0/a/0a5c1dca.jpg

 

全19周走行して手元でのベストラップは26秒50。
公式タイムとしては26秒360でAクラス2位の結果。
1位のタイムが26秒266で、約0.1秒届かず!

 

f:id:key-e:20210426202546p:plain



2本目(決勝タイムアタック

1本目に比べて路面温度も上がっていて(約35℃)、タイムアップが望める2本目。
1本目のときも同じだけれど、クリアラップを狙って単独で走行。

全14周走行して手元でのベストラップは26秒32シーズンベストのタイム。 
公式タイムを見ると26秒265でタイムアップはしたものの、こちらもAクラス2位。
1位のタイムは26秒187で2本目でも1位には約0.1秒ほど届かず…

 

f:id:key-e:20210426202623p:plain



結局、懸念だった雨には降られず、良いコンディションのまま1日を終えることができてよかった!

 

公式レポート

 

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/
カメラ :梨本塾オフィシャル & 影兄

 

 

天候:晴れ時々曇り(予報のあった雨は降らず)
気温:15〜23℃
路温:22〜38℃
ベストラップ:26.32(シーズンベスト)
リザルト:【予選】Aクラス2位 (26.360) 【決勝】Aクラス2位 (26.265) 【年間】1位 (先月比 ±0)
Fタイヤ:V3 SC1 (150 LAPs) / トミン3回 (正履き:3回) ※直近2回は一回あたり約40周のみ
Rタイヤ:V3 SC1 (150 LAPs) / トミン3回 (正履き:3回) ※同上
メンテ: -