梨本塾タイムアタックGP (トミン277回目)

年に一度のタイムアタックGP。
単に梨本塾のいちイベントというだけでなく、その年の集大成としてベストタイムを狙う一大イベント。

そういっても、イベントとして特別な仕掛けがあるのではなく、シンプルにただひたすらベストタイムを出すために集中できる環境が用意されているというもの。

 

f:id:key-e:20201121145407j:plain

 

f:id:key-e:20201121145410j:plain

 

この機会にシーズンベストを更新するライダーはやはり多く、自分ももちろんベスト更新を狙っていた。
昨年もこのタイムアタックGPでシーズンベストを更新し26秒12を記録。
これは今のCBRへの乗り換え以降のベストタイムでもあり、26秒1x以下のタイムは2013年以来の嬉しいタイム。

 

今年も同じように狙いたいところだけど、 新型コロナの影響等もあり走行回数が極端に少なく、タイムもそれほど良いタイムは記録できていない。
今年は9月梨塾で26秒45、10月梨塾で26秒35と、最近になってようやく26秒5以下を出せるようになってきたばかり。

 

f:id:key-e:20201121145137j:plain

f:id:key-e:20201121145103j:plain



なので、意気込みとしては「ベスト更新!」ではあるものの、現実的にはそう簡単にはいかないかなあという思いもある。

 

午前 1本目

2週間前に梨塾で走っているということもあり、27秒前半はすぐに出る。
17周目で26秒93。

その後は楽に走ってタイムを出すような走りで練習。
全力で走ると昨日つくった課題の練習もできないので。
でも、これだとタイムは27秒前半までしか出ない。。

FIN H→13、FTEN H→2、RIN S→10(前回走行時よりFINとRINを3緩めた状態)

 

午前 2本目

コースイン3周目で26秒台が出た。これは自己新記録かもしれない。
ウォーマーでタイヤが温まりきっているとグリップ力の高さはもちろんのこと、タイヤ形状的にも非常に気持ちよく走りやすい。
途中ピットインしてしまった後は、できるだけこの状態を維持できるようにすぐに走り出さないとね。

その後は何度かタイムアタック的に走って26秒4xが2回。 

FIN H→12 (+1)、FTEN H→2 (±0)、RIN S10 (±0)

 

f:id:key-e:20201121151922p:plain

 

午後 1本目

タイムは一日中申告可能ではあるものの、走行枠としてはここからがタイムアタック枠。
午後イチという時間帯は普段の梨本塾でもタイムアタック(K-RUN-GPの予選)の時間なので集中力も合わせやすい。
太陽の光がなく路面温度が温まりにくいがまだ25℃ある。
この後はどんどん下がっていってしまうと思われるので、この枠が路面温度的にはベストだと思った。

自分の頭の中で気をつけるポイントを何点か意識しながら周回を重ねる。
午前中の26.4秒台や前回梨塾走行時の26.3秒台も記録しながら徐々に補正していくと、このタイムが出た。かなり嬉しい!

FIN H→12 (±0)、FTEN H→2 (±0)、RIN S12 (+2)

 

f:id:key-e:20201121150652p:plain

 

 

午後 2本目、午後 3本目

本来であればタイム更新の本命がこの枠だと思うのだけれど、路面温度が低い(約19℃だった)せいか、あまり良い感触が得られないしタイムも出ない。
そうはいっても、この枠でベストを大きく更新している人もいるので、言い訳になってしまいますけどね。。

おそらく、午前1本目で26秒16を出して集中力が切れてしまい、タイム更新のモチベーションを失ってしまったのもあるのだと思う。
その26秒16付近で何周も走れていたなら同日中の再更新も期待できるけれど、これはステップもガリガリしながら出した渾身の一周という感じでもあったし。

 

 

当日までのお話 

冒頭にも書いた通り、このタイムアタックGPにかける思いは強かった。

勉強用のために塾長の直近の走りを繰り返し見た。
麻痺するほど見て頭に染み付かせた状態で、自分のオンボード動画を見ると違いがよく分かって、気付きが得られやすい。

 


 

自分としては普段のメモに加え、このメモを持ってタイムアタックGPに臨んだ。

  • 最終進入は左ゼブラに沿ってさらに外まで行くつもりで。白いシミを通る。インベタにしない。
  • 最終進入は右に1スペース空間を作って、バンクタイミングも遅らせる(奥まで行って寝かす。V字でなくてレの字)
  • 1コーナー進入は外かつ奥まで行く、これで加速区間を長く確保。半径が大きくなり楽
  • 1コーナー立ち上がりはイン側ゼブラの切れ端にきちんと着いた後、しっかりアウト側ゼブラに向かって左に切り返す。ダラダラまっすぐ行かない。塾長はかなり左にバンクしてる気がする(タイヤ外形の大きさの変化でエンジン回転数の変化する音から推測)
  • 自分は最終コーナー開け直前でもたついている(おそらく鋭角に入っているため。ここを緩やかにする)
  • ゼブラから離れる(左以外の全コーナーで意識)
  • スロットルを開けることでイン側に向かせる(でもやりすぎない。開けを待ちすぎないように意識するということ)
  • 開け始めのラグを極小にするよう遊びを取って準備

 

自分にしか分からない表現でスミマセン(自分が後で振り返って思い出すためのメモなので)。
適切な日本語の表現ではなく、自分が課題を意識するためのきっかけにするためのものです。

 

おまけ

当日の塾長と自分のフォームを比較してみた。
(当然ながら比較用に撮影されたものではなく、たまたま存在する2つの写真というだけ)

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/b/4/b4cf62e9.jpg

 

公式レポート:

 

Photo: 梨本塾オフィシャル 影兄 mipoko
http://kei74moto.client.jp/

  

天候:曇り時々晴れ
気温:13〜21℃
路温:19〜25℃ (おおよそ22℃を下回ると自分の場合タイム影響あり)
ベストラップ:26.16 (シーズンベスト。前年のタイムに0.04秒届かず)
リザルト:3位
Fタイヤ:V3 SC1 (170 LAPs) / トミン2回 (正履き:2回)
Rタイヤ:V3 SC1 (170 LAPs) / トミン2回 (正履き:2回)
メンテ:−

梨本塾10月 (梨本塾125回目/トミン276回目)

前回9月の梨本塾の後、またしても一度も走らないまま次の梨本塾を迎えてしまった。。

すっかり気温は下がってしまったけれど、前回梨塾とは違って一日中良い天気。
気温は高すぎずエンジンパワーも出るし、路面温度も低すぎずグリップ力も下がらない。
タイムを出すにはベストコンディションな天候。

 

f:id:key-e:20201116194643j:plain

 

  

フリー走行

1本目

1ヶ月ぶりのバイク走行なので慎重に走行。
サスも抜き気味にして 14周走行。
路面温度約25℃。ベストは27秒26。
FIN H10、FTEN H3、RIN S6

 

2本目

靴底が減って少しグリップ力が弱くなったブーツを新品に替えてみた。
昨年の梨塾景品でもらったクシタニのもので、自分がずっと履いてるブーツのサイズ違いのもの。
インナーソールで調整して内側は何とかなるものの、走行してみると外形が大きいことに戸惑ってしまいうまく走れない。
具体的には、シフトアップ・ダウン時にひっかかってしまうのと、バンク時につま先を擦ってしまうこと。
慣れの範疇かとは思ったけど、普段注意を払う必要のない余分なことに気を取られると全然集中して走れない……。
22周走って、ベストは26秒93。かろうじて26秒台に入った。
FIN H7 (+3)、FTEN H2 (+1)、RIN S9 (+3)

 

f:id:key-e:20201116194835j:plain    f:id:key-e:20201116202606j:plain

   

 

タイムアタック

午後はブーツをこれまで使っていた方に戻して走行することにした。
やはり走りやすい。。
新しいブーツはツーリング等で普段から慣れておくことにするか、あるいは、自分に合ったサイズを買い直さないとダメかなぁ。

ゼッケン順のコースインなので、ゼッケン3の自分はゼッケン2のKさんを追う。
いつもに比べてペースを上げないのかな?と思ったら、どうやらタイヤの消耗が激しかったようです。

公式記録は26秒422で2位グリッドを獲得。
FIN H10 (+3)、FTEN H2 (±0)、RIN S13 (+4)

 

f:id:key-e:20201116202918j:plain

 

 

K-RUN-GP

f:id:key-e:20201116203054j:plain

 

f:id:key-e:20201116203059j:plain

 

クラッチミート後の開け方がイマイチで、スタートは同列の中で一番遅れを取ってしまった。
1コーナーには3位で進入。

 

f:id:key-e:20201116203343j:plain

 

f:id:key-e:20201116203413j:plain

 

そこからは今年GSX-R1000に乗り換えて絶好調の2位のKさんをしっかり追っていく。
5周目の1コーナー進入時にKさんがオーバーラン(シフト抜けだったとのこと)。
ここで2位に浮上。

f:id:key-e:20201116203526j:plain

 

この時点で1位のSさんとはストレート1本分くらいの距離に開いていた。
追いつけるかどうか分からないけれど、ペースを上げて必死で追う。

 

f:id:key-e:20201116203604j:plain

 

26秒3〜6くらいのペースで数周走り続けていると徐々に距離が縮まってくることが分かる。
こうなってくると本当に楽しい。
26秒35のシーズンベストも記録。

 

ここでしっかりペースを維持できるのもジョグトレのおかげだと思う。
先月の梨本塾と同様、ジョグトレにより前の速いライダーに引っ張ってもらう練習機会をしっかりと獲得できるようになった。
体力が落ちていた頃は、速い遅いの問題以前に引っ張ってもらう練習がそもそも成立していなかったことに気付けていなかった。

 

f:id:key-e:20201116203657j:plain

 

f:id:key-e:20201116203703j:plain

 

ついに14周目後半でSさんに追いついた。
14周目の最終コーナーを立ち上がるところでぴったり真後ろに着こうと思ったら、思いの外Sさんの加速が鈍い。

 

f:id:key-e:20201116203845j:plain

 

f:id:key-e:20201116203848j:plain

 

f:id:key-e:20201116203853j:plain

 

f:id:key-e:20201116203856j:plain

 

ストレートのラインが重ならないよう、イン側に自分のラインをずらしたところ、その慣性でイン側にずれすぎてしまい、パッシングするにはタイトすぎる1コーナー進入になってしまった。

事前この展開の可能性をきちんと想定していたらチャンスを活かすことができたのに……。
悔しいけれど良い勉強になった。

なお、Sさんに後で聞いたところ、走行中にブレーキレバーが入りすぎてしまう症状が出てしまっていたとのこと。

 

 

f:id:key-e:20201116204417j:plain

 

f:id:key-e:20201116204421j:plain

 

f:id:key-e:20201116204424j:plain

 

その後はSさんがペースアップしたこと、そして、自分の集中が切れてしまったこともあり、少し離された状態でゴール。

 

 

周回数 タイム
1 29.97
2 26.68
3 26.60
4 27.09
5 26.87
6 26.56
7 26.49
8 26.40
9 26.35
10 26.43
11 26.58
12 26.64
13 26.69
14 26.89
15 26.95
16 27.53
17 26.81
18 26.89
19 27.03
20 27.23

 (2~20周目平均:26秒77)

 

※ラップタイマーが映っていないけれど、字幕機能オンでスタートライン通過時にタイムを表示

 

 

 

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/
カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄

 

ちなみに、この期間中のジョグトレーニングはこんな感じ。

  

公式レポート

 

天候:晴れ
気温:9〜21℃
路温:25〜35℃ (やはり25℃あるとかなり走りやすい)
ベストラップ:26.35 (シーズンベスト)
リザルト:【予選】Aクラス2位(26.422)【決勝】Aクラス3位 【年間】2(先月比 ±0)
Fタイヤ:V3 SC1 (90 LAPs) / トミン1回 (正履き:1回)
Rタイヤ:V3 SC1 (90 LAPs) / トミン1回 (正履き:1回)
サスセット:FIN H→10、FTEN H→2、RIN S→13 (その他の設定は普段触らない)
メンテ:前後タイヤ交換(前後同時に新品にしたのは久々…)

梨本塾9月 (梨本塾124回目/トミン275回目)

先月の梨本塾から一転、非常に涼しい朝から始まった一日。
太陽が出ていないとむしろ肌寒いくらい。 

f:id:key-e:20201010175718j:plain

 

フリー走行

1本目

路面温度が20℃程度しかなく、前回(=灼熱の8月梨本塾)とは状況が大違い。
この変化に対応することができず、14周走って27秒3。
26秒台をかすりもしなかった……。

タイヤウォーマーで温めた状態で空気圧を2.0にしたのだけれど、走るほどにタイヤの温度が下がって前後共に1.8辺りまで下がっていたのも、感触の違いに影響してるのかも。

 

f:id:key-e:20201010173840j:plain

  

2本目

タイヤの空気圧を調整して走ってみるも、25周ほど走って27.0xしか出ない。
正確には1周だけ26秒98は記録したものの、これも27秒フラットと同等だ。

原因として、使用時間(周回回数)のわりにFタイヤが減っているのも気になっている。

以前は「減ったタイヤでも減ったなりのタイムが出るだろう」と思っていたけれど、自分の場合はこれがあてはまらない。

路面温度が高い(目安として約35℃以上)場合はタイヤ消耗分を差し引いたタイムが出るのだけれど、路面温度が低い場合は減ったタイヤでは急激にタイムが出なくなる印象。

同じ状況でタイヤを新品に交換するとあっさりとタイムが戻ることも経験済み。

これは自分でも忘れがちなので常に忘れないようにしないと。

  

タイムアタック

嬉しいことに午後は太陽の光が出て、路面温度が上がってきた。
前のライダーの引っ張りを(勝手に)利用して一発タイムを出してみた。

1stが26秒656、2ndが26秒672で、3位グリッドを獲得。
6月以来フロントローに並ぶことができた。

ジョギング開始前の体力がない頃は、当日の自分のタイム以上で引っ張ってもらっても着いていけなかったけれど、今だとその余力が出てきてるんだなぁと感じる。

 

f:id:key-e:20201010173804j:plain

 

 

K-RUN-GP

3ヶ月ぶりのフロントロー

 

f:id:key-e:20201010173947j:plain 

f:id:key-e:20201010174002j:plain

 

スタートで2位のKさんに並べるか、と一瞬思ったもののそれは叶わず、グリッド通りの並びで1コーナー進入。

 

f:id:key-e:20201010174348j:plain

f:id:key-e:20201010174351j:plain

 

前の2人は自分よりもアベレージタイムが速いのでぴったり着いていくことは難しい。
それでも15周目あたりまでは後ろ姿が見える状態のまま、目標が見える状態で走ることができた。

 

 

f:id:key-e:20201010174355j:plain

f:id:key-e:20201010174359j:plain

 

序盤・中盤は当日の自分の調子以上に走れてしまったせいか、終盤4周は27秒台にタイムが落ちてしまった。
それでも中盤までは連続で全開走行できたので満足の行く結果となった。
ジョグトレーニングの効果はしっかりと出ているみたい。

 

周回数 タイム
1 -
2 26.73
3 26.81
4 26.86
5 26.45
6 26.66
7 26.60
8 26.63
9 26.71
10 26.74
11 26.65
12 26.81
13 26.92
14 26.78
15 26.74
16 26.80
17 27.16
18 27.34
19 27.60
20 27.53

  (2~20周目平均:26秒87)

   

f:id:key-e:20201010174604j:plain

f:id:key-e:20201010175220j:plain

 

 

 

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/
カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄

 

ちなみに、この期間中のジョグトレーニングはこんな感じ。

 

 

公式レポート

 

天候:晴れ
気温:19〜22℃
路温:20〜30℃
ベストラップ:26.45 (シーズンベスト)
リザルト:【予選】Aクラス3位(26.656)【決勝】Aクラス3位 【年間】2(先月比 ±0)
Fタイヤ:V3 SC1 (720 LAPs) / トミン9回 (正履き:4回、逆履き:5回)
Rタイヤ:V3 SC1 (540 LAPs) / トミン7回 (正履き:4回、逆履き:3回)
メンテ:−

梨本塾8月 (梨本塾123回目/トミン274回目)

7週間といういつもより長めのインターバル(夏休み?)を挟んで開催された8月梨本塾。
何日も前から分かっていたけれど、非常に暑い梨本塾だった。
家を出る時点で「もうこの暑さはダメだろ」と感じるくらい朝から暑かった。
ほとんど風がなかったのもそう感じる一因だったと思う。

 

f:id:key-e:20200831223240j:plain

 

フリー走行

1本目。
一週間前に18周で26秒50を記録できたので結構期待して出走。
感触としては悪くないけれど、20周走ってベストは26秒6。
この時点で駐車場の路面温度が52℃、走行後のタイヤ(リア・右側)が59℃。

2本目。
さらに気温も路面温度も上がった。
1本目より工夫して走ったのだけれどベストは26秒53。
ほんのわずかだけ当日のベストを更新。
ただ、自分の感覚と実際のタイムが一致しない感じ。

f:id:key-e:20200831223409j:plain

 

 

タイムアタック

ピット屋根の下の温度計で37℃に到達してしまったため、K-RUN-GPは中止。
本来であればK-RUN-GPの予選になるタイムアタックで順位を決めることに。
いつもは午後になってから進行の変更が発表されるのに、この日は朝から予告されていた。

目標タイムとしては、

  • 安定のトップSさんのタイムには今の自分の力では届きそうにない
  • 最近メキメキとタイムを更新しているKさんのことを考慮すると26秒4は必要
  • 再10Rで復帰してから絶好調のOさんも全く侮れない

なんていうことを考え、午前のタイムは更新したいところ。

 

走る上での注意ポイントは今回は2点だけ、

  • 強いブレーキで止めすぎずスムーズに進入する
  • 後ろから自分を見ている姿をイメージして身体をきちんと動かす

を気をつけることにしてタイムアタック開始。

 

最後の3周ほどは暑さのせいでバテてしまったけれど、そこまではウォームアップラップも含めて全力で走りきれた。

公式記録は26秒547でAクラス4位。
10R Oさんには抜かれてしまって悔しい!

 

f:id:key-e:20200831223512j:plain

 

このとき路面温度は60℃、走行後のタイヤ温度は70℃に達していた。
気をつけないと立ち上がりで滑るし、それ以上に加速しないことが気になった。
スロットルを開けても加速が鈍いので、ガバっと開けて加速を待つ感じだった。
自分には珍しく、1コーナー、帝王コーナー、左コーナー、最終コーナー、いずれの立ち上がりもスロットルがストッパーに当たっていた。

 

 

 

あとは、ここ数ヶ月ずっと気になっている「最終コーナーで進入と立ち上がりが分断されている」問題をなんとかしたい。

単純にもう少し早いタイミングで開ければ良いというわけではないし、問題を細分化して練習課題に仕立てなければ。

 

 

f:id:key-e:20200831223827j:plain

 

 

 

f:id:key-e:20201010173418j:plain


 写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/
カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄

 

 

公式レポート

 

 

天候:晴れ
気温:33〜35度
路温:45〜60度
ベストラップ:26.53 (1週間前シーズンベストの0.03秒落ち)
リザルト:【予選】Aクラス4位(26.547)【決勝】Aクラス4位 【年間】2(先月比 ±0)
Fタイヤ:V3 SC1 (640 LAPs) / トミン8回 (正履き:4回、逆履き:4回)
Rタイヤ:V3 SC1 (460 LAPs) / トミン6回 (正履き:4回、逆履き:2回)
メンテ:−

 

トミンフリー走行 (トミン273回目)

久々のフリー走行に行ってきた。

前回7月の梨本塾が7/12と早めの開催だったので、8月の梨本塾まで走らないと7週間空いてしまう。
間が空きすぎると復習して前回の状態を思い出す頃には半日が過ぎてしまうので、梨塾前に一度走っておくことにした。

 

8月も下旬となり今年も3分の2が終わろうというこの時期なのに、今年のフリー走行2月6月に引き続き、今回でまだ3回目。
梨本塾を含めてもトミン走行が今回でまだ10回目なので、今年は最低走行回数になりそう(これまでの最低走行回数は年間21回)。

 

この時季はなんといっても暑さが大敵。
トミン走行中だけでなく行き帰りでも疲弊してしまうので、フリー走行では珍しくトランポをレンタルした。
そして、天気予報とにらめっこしながら、気温がまだマシな午前の走行を選択。

 

 

f:id:key-e:20200823202325j:plain

 

 

レンタカーは6h、12h、24h、…の単位でのレンタルになるので、今回は6hコースにしてみた。
行きの予定は8:00にレンタル、自宅に乗って帰ってバイクを積んで8:30に出発、下道で9:30にトミン到着、10:00に走り出すという計画。
実績としては、トミンに向かう道中で少し寄り道をしたので、9:45頃にトミンに到着。
3クラス分けだったので10:10のSクラス走行にしっかり間に合った。

 

1本目。6週間ぶりの走行なのでタイムは全く期待せずに走行開始。
ところがいつも久々の走行時に感じる「バイクの動きやスピードについていけない」感がない。
まるで先週も走っていたかのように普通に走れる。
出だしの感覚がマイナスじゃないって非常に大切なことだとあらためて認識。

タイムとしても11周目で26秒台に入り、18周目で26秒50が出てシーズンベスト更新
1発のタイムアタックをしたというわけではなく、開けるところはきちっと開けてペースを上げて走ってみたら出た、という感じ。

6週間ぶりだけど後退しすぎずに26秒8くらい出たらいいな、程度に思っていたので拍子抜け。

 

 

f:id:key-e:20200823202225j:plain

 

 

タイムが出た要因としては主に3点ありそう。

  1. フロントフォークOH直後である
  2. ジョギングで体力・瞬発力がついた
  3. グリップを引き出しやすい路面温度

 

1.や2.は分かりやすい要因だけれど、結構3.の要因も大きいと思う。
よく夏場の路面温度の話だと、上がりすぎてグリップ力低下の話がよく出るけれど、ある程度の温度までは恩恵も大きいと思う。

26秒50が出た時間帯のピットの路面温度は46度あたり。
普段からしっかりタイヤに荷重をかけてグリップ力を引き出しきれる人なら夏場はデメリットが大きいかもしれないけれど、自分のようにタイヤに頼る部分が比較的多いライダーのだと夏場は簡単にグリップ力を得られるメリットが大きいと思う。
(うちの嫁様も28秒台を出すのはいつも夏場です)

 

ちなみに、1本目で更新できたシーズンベストは、2本目・3本目では更新できませんでした。
路面温度も50度を超えてきて、立ち上がりでもタイヤは滑るし…という状況(泣)

 

そういえば、今回は走り出しがの身体の調子が良かっただけでなく、連続周回しても全然身体が疲れていない
気温も31〜33度程度あったはずだけれど夏バテもしていない。

こういった持久力的な向上だけではない。
これまで最終コーナー進入時はブレーキでいっぱいいっぱいになってしまって身体の入れ替えが遅れたりラインがインベタになっていたけれど、今回は事前に身体を準備する余裕があった
こういった瞬発力的な向上も感じられた。

 

今回26秒50という、練習量を考慮すれば十分に良いタイムが出たけれど、11月のタイムアタックGPに向けて練習量を増やし、昨年の26秒12を更新できるようがんばっていきたい!

 

タイムアップに向けた課題は色々とあると思うけれど、コーナーの進入と立ち上がりのつながりをスムーズにしたい。今は分断されてしまっている。特に最終コーナー。
進入で突っ込む、スピードが落ちきる、速度低下により向きが十分変わった後に立ち上がり、となって最遅部分の速度が低すぎる
結果は自分でも分かっているので、なぜそうなるのかの原因をしっかり検証していきたい。
走行で試すだけではなく、事前によく想像したり考えておかないとね。

 

 

f:id:key-e:20200823201956j:plain

 

 

トミンから帰ってトランポを返却した後は、昼食兼夜食で焼肉。
この日はTwitterで色々な人の焼肉を見た気がする。焼肉日和?(笑)

 

 

 

この走行動画はベストラップではなく、Sさんに(勝手に)引っ張ってもらった周回のもの。
2周連続で26秒6xの周。

 

 

天候:晴れ
気温:31〜33度
ベストラップ:26.50 (シーズンベスト)
リザルト:ー
Fタイヤ:V2 SC1 (580 LAPs) / トミン7回 (正履き:4回、逆履き:3回)
Rタイヤ:V2 SC1 (400 LAPs) / トミン5回 (正履き:4回、逆履き:1回)
メンテ:−(梨塾ガレージ持込での整備直後

 ※今回は40周しか走っていないけれど1回として換算