トミンフリー走行 (トミン270回目)

 

久々のトミンフリー走行
びっくりするくらいタイムが出ない。
86周走ってベストは27.06。一度も27秒を切れない…。
リアはまだトミン2回目、フロントはトミン4回目のタイヤ。
フロントが意外と減ってるように見えるのは気がかりで、いつもは6回✕2(正/逆履き)くらい使うのになぁ。
ひとまず次回走行までにフロントを逆履きする。

 

 

天候:
気温:
路温:

ベストラップ:27.06
リザルト:-
Fタイヤ:V2 SC1 (360 LAPs) / トミン4回 (正履き:4回、逆履き:0回)
Rタイヤ:V2 SC1 (180 LAPs) / トミン2回 (正履き:2回、逆履き:0回)
メンテ:本走行後、次回走行前にフロント逆履き
 

梨本塾2月 (梨本塾118回目/トミン266回目)

6:00に起きるつもりが目覚めたら6時45分。
準備して7:45に自宅を出発。それでも8:30にはトミンに到着しましたがw

 

先月の梨本塾とは違って天気は良いものの、風が強くて路面温度は15度程度。
タイヤウォーマーでタイヤを温めても、20周くらい走行すると右は38度、左は24度まで下がっていた。

 

自分は路面温度が低い時の走行が上手ではなく、他の人よりもタイムの下がり幅が大きい。
予選は27秒110でAクラス 6位。3列目まで下がってしまった。。

 

K-RUN GP。
スタートはうまくいって4位まで浮上するも、途中でCBR1000RRのSさんに1コーナーでパッシングされてしまった。
K-RUN中に抜かれたのはかなり久々な気がする。

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/1/b/1b72e81d.jpg

 

 

 

今回うまく走れなかったのは、

  • タイヤが消耗していた(特にフロント。14回走行しており、1000周以上使ってる)
  • 冷えた路面の走りが苦手
  • 練習不足

だったと思う。
K-RUN GP終了後にフロントは新品タイヤに交換したので、次回に向けて1点目はクリア。
2点目は季節が変わって今後はよくなるはず(根本解決ではないけれど)。
3点目は練習増やしたいなぁ。3月の土日は貸切ばかりなので平日休まないと。。

 

公式リザルト


写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/
カメラ :梨本塾オフィシャル & 影兄

 

天候:晴れ(風強い
気温:5~14度
路温:?

ベストラップ:26.97
リザルト:【予選】Aクラス6位(27.110)【決勝】Aクラス5位 【年間】16(先月比 +3)
Fタイヤ:V2 SC1 (1,040 LAPs) / トミン15回 (正履き:7回、逆履き:8回)
Rタイヤ:V2 SC1 (420 LAPs) / トミン6回 (正履き:6回)
メンテ:Fタイヤ交換、Rタイヤ逆履き (K-RUN GP終了後)

トミンフリー走行 (トミン265回目)

9月以来、久々のフリー走行に行ってきた。
新居に引っ越してからは初のフリー走行だ。
すみこも走ると思っていたのでレンタカーを予約していたのだけれど、実は行かないとのことなので予約をキャンセル。
トミン自体は行きたいということで、最近買ったCX-3に発電機等を積んでもらって、自走CBRとの2台でトミンへ向かった。

 

f:id:key-e:20200209152239j:plain

 

午前も走行時間は余っていたので少しだけ走る。
久々の良走行路面は走りやすいのだけれど、28秒フラットくらい。
(もちろん本気ではないが、体感より0.5秒くらい遅い)

 

 

 

お昼にカップ麺を食べてから午後は2本走った。
それぞれで26秒台が1回ずつ。
体力がないのか、進入時に力を使いすぎて、曲げることに力と集中力を使えていない感じだ。。
自分の場合、こればかりは走る頻度を上げて慣れていくしかない。
それでも、知り合いが多く、楽しく走れたフリー走行だった。

 

 

天候:快晴
気温:8~12度
路温:20度

ベストラップ:26.88
リザルト:ー
Fタイヤ:V2 SC1 (950 LAPs) / トミン14回 (正履き:7回、逆履き:7回)
Rタイヤ:V2 SC1 (330 LAPs) / トミン5回 (正履き:5回)
メンテ:-

 

梨本塾1月 (梨本塾117回目/トミン264回目)

今回初めてレンタカーのトランポを自宅のビルトインガレージ内に入れてみた。
長さがかなりギリギリだったけれど、何とか入ってよかった。
治安が良い地域とはいえ、バイクが乗っているし、そもそも盗難の多い車だし、施錠できる内側に置けるのはやはり安心。

 

 

 

数日前まで雨予報だった天候は、当日になって何とか「曇り」に留まってくれた。
それでも気温は最高でも8度くらいだし、路面温度も7度くらいまでしか上がらなかった。

 

 

 

 

この日は(も?)午後の天候の急変のリスクを考慮して、午前でフリー走行タイムアタックを行う変則スケジュール。

フリー走行はAとBの混相。イマイチ安心感が得られなくて28秒を切れない…

タイムアタックはなんとか27秒53でグリッドはAクラス4位。
自己ベストからは程遠いタイムなのに、疲れてしまって全然連続走行できない。

 

K-RUN GPはローリングスタート
3位のWさんからどんどん離されていき、順位は変わらずゴール。
K-RUN中もなぜか疲れてしまってまともに走れない(楽をする走りになってしまう)。
やはり月に2回程度は走り込まないとダメだなぁ。

 

 

 

帰りは土浦北IC近くのラーメン屋で晩御飯を食べてから帰宅。
2人なのにラーメンの丼が3つもある。。この後4つになりかけたのは阻止した(笑)

 

公式レポート

 

天候:曇り
気温:1~8度
路温:7~8度

ベストラップ:27.53
リザルト:【予選】Aクラス4位(27.531)【決勝】Aクラス4位 【年間】13(先月比 ±0)
Fタイヤ:V2 SC1 (870 LAPs) / トミン13回 (正履き:7回、逆履き:6回)
Rタイヤ:V2 SC1 (250 LAPs) / トミン4回 (正履き:4回)
メンテ:-

2019年を振り返ってみる

2019年を数値で振り返ってみる。
今年もサーキットはトミンしか走っていないので、「サーキット走行記録=トミン走行記録」です。

 

 

タイム

ベストは11月梨本塾タイムアタックGP時の26秒12
大きく調子を崩した2014年度以降でのベストタイムです。
前年のベストが26秒34だったので、今年は0.22秒更新!
 

 f:id:key-e:20191228171923p:plain
 

f:id:key-e:20191228171629p:plain
 

f:id:key-e:20191228172124p:plain

 
  

走行回数

年間走行回数は21回。
去年同様、フリー走行を開始した2010年以降の最低回数タイです。
(内訳:梨塾12回 + 梨塾勉強会1回 + タイムアタックGP 1回 + フリー走行7回)
 

f:id:key-e:20191228172412p:plain

 
 

梨本塾リザルト

昨年に引き続き、大きく調子を崩した2014年以降、ベストの戦績を記録できた1年。
Bクラスへのクラスダウンにはなったけれど、優勝も2012年以来経験できた。
ただ、昨年2度獲得できたポールポジションを今年は獲得できなかった。。

年間ランキングは、昨年の3位から1ランクダウンの4位。
参戦以来3番目の記録だ。

 

月別ベストタイム K-RUN予選記録(公式) K-RUN予選順位 K-RUN決勝順位
1月  27秒79 27秒953 2位 (Bクラス) 1位 (Bクラス)
2月 26秒83 27秒109 2位 2位
3月  26秒94 26秒922 4位 4位
4月 26秒44 26秒594 2位 2位
5月 26秒21 26秒282 2位 2位
6月 26秒42 26秒328 4位 4位
7月 32秒12 (雨) 32秒422 4位 (Bクラス) 4位 (Bクラス)
8月 26秒53 26秒500 3位 3位
9月 26秒47 26秒359 3位 6位
10月 27秒74 (川) 26秒765 3位 3位
11月 26秒12 33秒125 9位 7位 (K-RUN中止)
12月 26秒88 (低路温) 27秒094 4位  4位

 

 f:id:key-e:20191228175650p:plain



総括

大きく挽回した昨年の調子を維持しつつ、結果を残せた一年だった。
ベストタイムも26秒12まで戻ってきたし、25秒台が再び見えてきた。

調子をある程度一定に保てたのは、タイヤウォーマーを使い始めたことも大きい。
ウォーマーがないと走り始めの硬い身体の動きがその後も取れなくなる(今の自分は)。
それでもタイムにバラつきがあるのは、天候や路面状況が悪いのが大きかったのかと。
(今年は梨塾にはめずらしく、天候が回復しないことが比較的多かった)

2012年頃のように反射神経や身体の動きのキレはないけれど、よく頭を使うようになった。
自分で再現性のあるようなメモを残して実践する、というのを心掛けている。
調子を大きく崩した期間が長かったので、そのリスク回避に敏感なんだと思う。

 

【参考】過去のまとめ記事

 ※ 2014年~2016年の振り返り記事は書いていません。
  振り返り記事だけでなく、これらの年は個々の記事自体も手抜きが多い。。

 

2020年も引き続きもよろしくお願いします!