梨本塾3月 (梨本塾74回目/トミン179回目)

朝家を出る時点では気温が7度くらい、真冬に比べたら大分楽になってきました。真冬や真夏の環境では、自走人は行き帰りも耐久レースですからね(苦笑)

 

f:id:key-e:20160409193812j:plain

 

トミンに着くと気温は15度くらい、路面温度も15度くらい。何年か前から簡単なこの温度の計測器を買いましたが、自走ライダーこそこの計測器は持っておくべきですよね。

 

 

フリー走行

リアタイヤをレーステックRR K1→スーパーコルサV2 SC1、フロントブレーキパッドをZCOO→Vesrahに変更してからの初走行です。

午前1本目はフロントブレーキの感覚の違いに少し戸惑う。握りこめばきちんと効くパッドなのですが、握り始めの制動力が強烈なZCOOの感覚が残っているので、Vesrahは思ったほど制動力がない気がしてしまって焦る。そういうこともあってタイムは28.3秒。

午前2本目はブレーキにも慣れてきて、新品のタイヤということもあり、スムーズに走れるようになってきた。にも関わらずタイムは27.5秒。タイヤを押し付けたりできず、ただ転がして走っているだけなのだと思う。

 

 

タイムアタック

f:id:key-e:20160409193751j:plain

 

不安要素を残したままタイムアタック開始。ウォームアップラップは5周くらいしかなかった気がしたが、タイヤからのインフォメーションと相談しながらペースアップ。タイムアタックのプレッシャー効果で、手元のラップタイマでは26.87秒。公式記録は26.812秒で5位。26.8秒前後のライダーが多い中、なんとか2ndローをゲット。それにしても、ttoさんはDUKEで26.45秒とかスゴイなぁ……

 

f:id:key-e:20160409193814j:plain

 

 

■K-RUN GP

f:id:key-e:20160409193752j:plain

 

f:id:key-e:20160409193753j:plain

 

先月はクラッチミートに時間がかかりすぎて出遅れたので、今月は気を付けてスタート。

 

 

f:id:key-e:20160409193754j:plain

 

反応もクラッチミートも上手くいった!

 

 

f:id:key-e:20160409193755j:plain

 

同じ2列目のttoさんよりも少し前に出られた!

 

f:id:key-e:20160409193756j:plain

 

f:id:key-e:20160409193757j:plain

 

f:id:key-e:20160409193758j:plain

 

f:id:key-e:20160409193759j:plain

 

f:id:key-e:20160409193800j:plain

 

ところが、1コーナー進入~帝王コーナーでの4位ポジション争いには負けてしまい、予選グリッドと同じ5番手で左コーナー進入。

 

f:id:key-e:20160409193802j:plain

 

 序盤のペースアップが苦手な自分は前との差を開けられてしまうことに…

 

f:id:key-e:20160409193803j:plain

 

 この差が徐々に広がっていく…

 

f:id:key-e:20160409193805j:plain

 

 一方で、後ろからはプレッシャーを受ける。
以前はもっと左右にオフセットしたフォームだったと思うけど、最近はこんな感じでシートにドカッと座ってしまってることが多いように思う。チェックリストにこれも追加しなきゃ。

 

 

f:id:key-e:20160409193807j:plain

 

f:id:key-e:20160409193806j:plain

 

f:id:key-e:20160409193809j:plain

 

それでも、今回は中盤~後半で、時々26秒台にも入るタイムにペースを上げ、後ろのスペースを広げることに成功。

 

 

f:id:key-e:20160409193810j:plain

 

最後の2周ほどはバテてしまってペースも落ちてしまったけれど、それでも5位をキープしたままゴール。

 

久々に予選と決勝の両方で26秒台を残せた塾になりました。おそらく、2014年以来??

 

■メモ

フリー走行までとタイムアタックで、顔の向け方が全然違う。視線じゃなくて顔を向ける。
・1コーナー進入が遅い場合は理由を考える。K-RUNでは比較的速く入れる。
・1コーナー立ち上がりは2段階で開ける。切り替えし中は開け足さないこと。
・前後左右への身体の移動。

 

■公式レポート

 

 

※写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/
※カメラ :梨本塾オフィシャル & 影兄

 

【タイヤ】
 F:SUPERCORSA V2 SC1 (120/70)  300 LAPs
 R:SUPERCORSA V2 SC1 (180/60)  100 LAPs