読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20101011_トミン練習 (トミン28回目)

3連休、やっと晴れたので行ってきました、トミン一般走行。まあ、私はトミンしか走ってない人なので、ブログの記事といえば、必ずトミンなわけですけど…


さすがに3連休中唯一の晴れということで、台数が多かったです。予約台数は42台。9:20くらいに到着したら駐車場がいっぱいで、駐車場所の選択肢がほとんどないくらい。こんなにいっぱいなトミンを初めて見ました。


知り合いの方も多かったです。
みっち〜さん、皆○さん、しにちなかおさん、Broccobirdさん、愚者さん、akashitimiさん、のりぞうさん、板○さん、今年1月のトミンで私に走りを教えてくださった600RRの方、他にもお見かけしたことがあるような方々がいらっしゃいました(この中の半分くらいの方は午後からの走行で、午前から来て準備されていたようでした)。



で、あまりにも速そうな方が多かったので、SではなくNクラスの方がいいのかなぁ…なんて考えて、受付のときに「連続走行だと29秒半ばくらいですが…」と申告したところ、受付の方の後ろからひらっちさんが「29秒台ならSクラス!ひっぱってもらった方がいいよー」とのことで、今日もSクラスで走行しました。実際、Nクラスはかなり混雑していて、走りにくそうだったのでSでよかったと思います。1本目はペースが上がらずに申し訳なさげで後ろをかなり気にして走っていましたが、2本目以降はそれなりにペースを掴んで走れたので。


9月梨塾時は一気に色々交換してしまったブレーキやチェーン、タイヤ等に慣れることでいっぱいいっぱいで、なかなか悪魔のタイヤの真価を発揮できないでいました。K-RUN中もミスをしてnsr-eさんに抜かれることのないよう、目一杯走りつつも堅実さは残すような走り方でしたし。で、今回は一般走行なので計測もレースもないので、梨塾の時に「ここは甘かったな」と思うところを改善して走ってみました。

■ 1本目

1本目の中の1本目、30秒をかろうじて切るくらいのタイム。なんか周りが速そうなのでちょっと気おくれしてしまいます。
少し休憩してから1本目中の2本目。徐々に調子が出てきて、平均が29秒前半で何周かは28秒台後半も出ています。以前と違うのは「なんだか分からないけど(特別がんばったつもりはないけど)良いタイムが出た」ということはなくなって、きちんとタイムを出しにいこうとしたときに良いタイムが出るようになっている。


今回の記事中の写真はみっち〜さんのサイトからいただきましたm(__)m


この1本目で28秒5や28秒3なんかも出て、5月梨塾K-RUN GPで篠○さんに引っ張られて出た28秒65、スーパーコルサに替えて初めて走って出た28秒69を更新!ただ、以前のそれらのときと違うのは、単独でも出るし、一発の偶然で出たタイムではないということ。今日は「この周は!」と狙って走れば28秒台が出る。

■ 2本目

調子が良いまま2本目。2本目は他のライダーに追いつかれる頻度も減ってきて、安定してペースが上がってるみたい。途中、中尾さんに追走していただき、車載カメラで私のライディングを撮っていただきました(予告されてたわけではなく、後から教えていただきました)。メチャクチャ嬉しいです!本当にありがとうございます!



このとき28秒2が出ていました。今日は本当に調子が良いみたい。


その後単独で走った下のタイムが今日のベストです。27秒台も夢の話ではなくなったかな??



■ 3本目

やってしまいました。1コーナーをオーバースピードで入ってしまい、2コーナー手前でコースアウトし、転倒。。。1コーナーブレーキリリース時点では全然オーバースピードな感触はなく、寝かせきってからオーバースピード気味かな?という感じ。ギリギリ曲がりきれるきもするし、曲がりきれなくてもバイクを立ててコースアウトして止まれるくらい、という算段でしたが甘かった。
バイクはほぼ直立になっていたと思うのですが、コース脇の溝が想像以上に深かったこと、前日の雨で相当ぬかるんでいたことからフロントがずぼっとはまって転倒してしまいました。




ライダーOKでバイクもおおむね問題なさそうですが、赤旗中断で走行時間を削ってしまったこと、コース上に泥を出してしまったこと、大変申し訳ありませんでした。トミンのオフィシャルの方を含め皆さんにコースの掃除を手伝っていただきました。本当にありがとうございました。そして、駐車場に戻ってバイクを洗ったりするときも、身体の心配をしていただいたり、洗車用に用具等を貸していただいたり、本当に感謝しています。こういうときって本当にありがたみを感じます。。。



■ 一周の中で自分がやってること

適当に惰性で走って転倒しないためにも、今回走りながら考えていたことを忘れないよう、簡単にまとめてみた(コース図は梨塾Webから拝借)。
色々書いてるけど、なんだかんだいってタイムは加速区間で決まるものなような気がしてます。



■ 困っていること

夢中になって走っていると、いつの間にかバンク角が深くなりすぎていることがあります。バンク角を探るためにも膝すりは有効なのでしょうけど、自分は膝すりができません。今まで膝を擦ったのは数えるほど。ニースライダーもきれいなまんまです。どうやったら気持ちよく意味のある膝すりができるのでしょうか・・・




# 今回のブログの記事はみっち〜さん撮影の写真を使用させていただきました。
# ありがとうございました。

ディアブロスーパーコルサ SC2 走行時間計: トミン4.5時間+自走3往復+α