梨本塾5月 (梨本塾109回目/トミン252回目)

とにかく暑かった5月梨本塾。
事前の予報でも33度が示されていて「5月でそんなことはないだろう」と思っていたが本当だった。
二週間前の勉強会ではあんなに寒かったのに…

 

 

フリー走行

朝の走行開始時点で、路面温度は既に40度を超えている。
うまく日光を当てられればタイヤウォーマーは不要かもしれないけれど、効率と安全を考えて使用。

1本目は19周走って、ベストは27秒02。
二週おきに走ってるからもう少し上を期待もしたけれど、こんなもんでしょう。
転倒後の初走行だったけれど、車体への影響はないみたいで安心。

 

 

2本目は23周走って、ベストは26秒50。
色々考えたりがんばったりはもちろんしているけれど、意外にあっさりと前回のタイムを更新。
これ以外に26.6秒台も何周か出ていて、今日は調子が良いみたい。

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/c/f/cfbf5df0.jpg

 

 

タイムアタック

CBR600RR Hさん、パニSさん、R6 Kさんに続いてのゼッケン4。
うまく引っ張ってもらおうと思い、計測前の段階で前に詰めて走行。

計測10周の前半で26.4秒台が何周か出た。
5周ほどしたあたりで前に追いついてしまったので、後ろを確認しつつ、少しクールダウン。

仕切り直して終盤の3周ほどで再度タイムアタック
うまく反応せず、2周で52秒97の記録があった。
公式記録26秒282は、おそらくこの周だったのだと思われる。

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/5/8/58c366de.jpg

 

 K-RUN GP

 自分のウォーマーを外したり、すみのデイトナにスタンドをかけてウォーマーを巻いたりしているうちにピットアウトに出遅れた。
焦って作業したこともあってか、腕や足が攣り気味なのを感じる。

無事にスタートラインにバイクを並べた。
やはり足が攣りそうなので、バイクから降りてふくらはぎを叩いて筋肉をほぐす。

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/1/1/119fc5f6.jpg

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/b/4/b499a4da.jpg

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/5/b/5b8b7075.jpg

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/a/7/a7358646.jpg

 

 

いよいよスタート。
今回も結構うまくいった。

ただ、まさかパニSさんに先行できるとは思っておらず意外な展開。
ホールショットのHさんはやはり離れていってしまうが、これまでよりもその差は小さい。

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/1/2/12546191.jpg

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/2/4/24636904.jpg

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/9/9/9956a73d.jpg

 

 

2周目から26.4秒台を出せていて、今シーズンベストのペースで走ることができる。
最後の3周ほどは疲れてしまってタイムは落ちてしまったけれど、すべて26秒台で、
これまでにないアベレージで走ることができた。

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/c/0/c038aa56.jpg

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/7/d/7dbad8cf.jpg

 

https://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/3/c/3cbd3547.jpg

 

 

f:id:key-e:20190528234330p:plain

(2~25周目平均:26秒51)

 

 

 

走行終了後、ピットで一度バイクを停車させた後、再度トランポ側に走り出そうとしたところで足が攣った。
猛烈に左ふくらはぎが痛くなり、動けない。
皆さんに介抱してもらいながらしばらく安静にしていた。
(その後、翌々日まで痛みというか違和感は続いた)

 

それにしても、26秒21というタイムは本当に嬉しい。
2013年12月以来の好タイムだ。
いつもにも増して、梨塾後いい気分で帰ることができた。

いよいよ、再々25秒台も見えてきた!?

 

公式レポート

 

メモ

  • 1コーナー立ち上がり開始時点でゼブラの終わり部分にいるようにする。ここにいないと帝王アウト側に向けて立ち上がれない
  • 開け始めた後から全開までの時間を短くする(ただし、開け始めは本当に慎重にすること)
  • なんだかんだいって、しっかり開ける

 

写真提供:梨本塾 影兄 http://kei74moto.client.jp/

 

天候:晴れ(真夏の暑さ)
路面温度:50~60度
ベストラップ:26.21(2013年12月以来のタイム)
リザルト:【予選】Aクラス2位(26.282)【決勝】Aクラス2位 【年間】2(先月比 +1)
Fタイヤ:V2 SC1 (120 LAPs) / トミン2回
Rタイヤ:V2 SC1 (280 LAPs) / トミン3回
メンテ:ー

梨本塾勉強会

前回の勉強会参加は2017年5月。2年ぶりの勉強会です。
2週間前の4月梨本塾は暑かったから…と思っていたらとても寒い!
日光もさしておらず、ピットインを長めに取るとすぐにタイヤが冷えてしまう気候だった。

 

1本目はなんだかうまく走れず、もちろんタイムも出ない。

2本目は1本目の反省を活かして、ピットアウトタイミングを皆とずらして走行。
一応26秒台をかするかな、というタイム。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/4/c/4c8cc31a.jpg

 

フロントタイヤが荒れてしまい、これでは思いっきり走れず変な癖がついてしまうと思い、
昼休みに急遽フロントタイヤを交換していただいた。
急なお願いとなってしまい申し訳ありませんでした。。。

 

 

 

 

午後はようやく陽がさしてきて、気持ちも上がってきた。
塾長の引っ張りで気付いたことや、小室講師とヒロヤ講師にもらったとても良いアドバイスを元に練習。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/8/0/80480b95.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/5/4/545574ff.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/4/4/44a37300.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/a/5/a56b1a02.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/f/6/f693e7e0.jpg

 

 

4本目の終盤は26秒60を記録。

 

 

ただ、その翌周、やってしまいました。。。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/6/6/66f6d3a9.jpg

 

端的にいうと、その直前のブレーキングに失敗したと感じ、減速不十分と判断してのコースアウト。
自分は人差し指と中指の2本掛けですが、この週は中指1本、かつ指の先(腹)だけでレバーを引くことになり、あまり力を入れられなかった。
でも、動画を見てみると、十分曲がれる速度まで減速できていたようです。。

 

 

 

 

 

バイクの被害はカウルの割れ程度で軽傷。
ただ、このバイクに乗り換えてから2年強、一回も転倒がなかったのに悔やまれる。。

皆さんの貴重な走行時間を奪ってしまい、大変申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

写真提供:梨本塾 影兄 http://kei74moto.client.jp/

 

天候:晴れ
路面温度:約30度~
ベストラップ:26.60
リザルト:ー
Fタイヤ:V2 SC1 (45 LAPs) / トミン1回
Rタイヤ:V2 SC1 (205 LAPs) / トミン2回
メンテ:フロントタイヤ交換(60周走行後)

梨本塾4月 (梨本塾108回目/トミン250回目)

3月梨塾の1週間後フリー走行、その2週間後フリー走行、その1週間後のこの4月梨塾、
というように間を空けずに練習できるように計画してきた梨本塾です。

先月3月梨塾では、練習不足を痛感し、「慣れ」の後退と体力不足を感じてしまったため、
今月は2週間は空けないように3回も走行(月3回走行は昨年3月以来)。

 

昨年4月梨塾の自分のブログやJARTICのサイト等の渋滞予測を見て渋滞がひどいのは学習済。
ということで、普段より1時間ほど早めに6時出発して、8時15分頃にトミン到着。
草加~柏の渋滞がひどく、普段より1時間近く多くかかりましたが、受付に間に合ってよかった。
なお、外環の草加側から常磐道に入るランプは新旧2つあり、空いている旧側を使うのがポイント。

 

 

 

フリー走行

1本目は全26周。
16周目で「え、これくらいの頑張りで出るの?」な感じで27秒2が出て期待ができる。
ただ、その後10周走っても27秒16までしか上がらず、考えを改める。
気張っても過減速や体の強張りにつながり、スムーズさが失われてしまう。

2本目は全20周。
26秒台も何度か出すことができ、ベストは26秒79。
リアタイヤは新品(V2 SC1)なので、これくらいは出さないとね~

 

 

 

タイムアタック

昼休みにトランポの運転席で休息を兼ねて目をつぶって、自分の一周をイメージします。
どのポイントで何に気を付けるかのこの日用のTo Doリストを作って、実践できるか試行する。

本番できちんと実践できるか心配なので、タイムアタックで列に並ぶときは緊張する。
(逆にきちんと準備できてないときは緊張しない。これはよくない…)

グリーンフラッグ開始時点では前のR6 Kさんも離れてしまったので、今回は単独走行。
比較的うまく走行でき、10周中6周ほどをアタックに充てられた。

手元のラップタイマーでは26秒6台が何周かあり、ベストは26秒60。
公式計測タイムは26秒594で驚くことに2位グリッドを獲得できた。

 

K-RUN GP

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/2/0/2064c26b.jpg

 

あらためて言うまでもなく、K-RUN GPはスタートが肝心。
2014年1月のあの事件(?)以来、どうしてもスタートの苦手意識を持ってしまった自分。
それがゆえに、感覚論や勢いではなく、スタートの方法論も蓄積できてきた気がする。
特にここ最近は、Go Proにより記憶ではなく記録で復習できるようになったことが大きい。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/a/7/a7b7a7f0.jpg

 

今回も自分なりの注意点を頭に置いて、いよいよスタート。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/6/a/6a57ea3f.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/1/e/1e027475.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/a/c/ac281711.jpg

 

反応もその後の加速も良かったと思うけど、R6 Kさんはさらに前に行ってしまった。

パニSさんは同じくらいの出だしだったと思うけれど、相対的にイン側の強みを活かして、
前に行かせてもらった。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/4/2/4227c1aa.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/2/7/27ee2788.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/3/4/3459ee0e.jpg

 

R6 Kさんは2周目から予選以上のハイペースで走り始めた。
自分はこんなペースでは着いていけないはずだけれど、引っ張られて疲れも感じずに後に続いた。
K-RUN中の神経が研ぎ澄まされるこの感じ、フリー走行では絶対に得られない経験だと思う。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/d/c/dcfcaf9d.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/e/c/ec3f0762.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/c/b/cbd98678.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/nashijukuriza/imgs/d/5/d5792718.jpg

 

K-RUN半分(12周目くらい)までは26秒4~6くらいで今季ベストで走り続けられたけれど、
途中からは体力が切れてきて、シフトアップミス等もあり、ペースが落ちてきてしまった。

それでもなんとか25周を走り切り、Kさんには離されるものの、Sさんには抜かれずゴール。
(Sさんを押さえたのではなく、Sさんが紳士だっただけです。実力の差はまだまだ…)

 

f:id:key-e:20190429201535p:plain

(2~25周目平均:26秒86)

 

K-RUNでKさんを追いかけるうちに、今季ベストも更新することができた!

 

 

 

 

表彰式

特別開催月だったので景品も豪華で、HYODのジャケットST-W ANTLER D3Oもいただくことができました!
別のクラスで4位を獲得したすみはメロンをもらっていました(^^;

 

 

写真提供:梨本塾 http://kei74moto.client.jp/
カメラ: 梨本塾オフィシャル & 影兄

 

公式レポート

 

メモ

  • 身体をバイクと同じ角度で傾ける(身体が(左右方向の軸で)起きないようにする)
  • 上体を開いてコーナーの先に向ける
  • 帝王進入をアウトに向けてきっちり立ち上がるため、1コーナー立ち上がり後の切り返しは積極的に身体を使って素早く行う(サボるとハイサイドにつながる)
  • 進入と立ち上がりの境界を明確にしてスイッチする
  • イン側に体重を乗せた(イン側に腰かけた)状態でブレーキング
  • ガツンとブレーキングするのではなく、コーナリングの一環の位置づけで流れるように
  • 1コーナーはきちんとアウトに寄せてから入る(以前のように)

 

天候:晴れ
路面温度:約30度~
ベストラップ:26.44 (乗換後ベストの0.10秒落ち)
リザルト:【予選】Aクラス2位(26.594)【決勝】Aクラス2位 【年間】1位(先月比 -1)
Fタイヤ:V2 SC1 (1,030 LAPs) / トミン11回(正履き5回 / 逆履き5回 / 再逆履き1回)
Rタイヤ:V2 SC1 (100 LAPs) / トミン1回(正履き1回)
メンテ:ー

トミンフリー走行 (トミン249回目)

今月2回目のフリー走行。月に2回フリー走行走るなんて久しぶり。
調べてみると、去年の3月以来のことのようです。

走行の間を開けすぎてしまうと身体が慣れるまでに時間がかかりすぎる、
ということを学習して、今月は2週間に1回以上走るようにしていました。

 

 

 

外環と常磐道の渋滞の影響で、トミン到着は10時10分。
自分の走行クラスの走行開始時間も10時10分(笑)

 

いつものごとく、サッと走行準備をして、1本目も走りました。13周だけw
タイヤを温める時間を含めても、13周の中で27秒6が出ていて悪くない感じ。

 

2本目はがんばって26秒99。
3本目は26秒台をかするのが何周かあり、この日のベストは最後に集中して出した26秒84。
逆履きしながら10回(1回平均80周ほど)ほどトミンを走ってるタイヤなら、
今の自分だとこんなもんですかねぇ。

 

 

ただ、身体もオフセットできてなくて、色々さぼりながら走ってる自覚はある。
腰が痛いのも、きちんとホールドできてないせいで、左右に身体を預け切れずに、
身体を起こして踏ん張っているせいだと思われる。

 

幸いにも、この反省はすぐ一週間後に迎える梨本塾に反映できそうなので、またがんばります。

 

 

 

天候:晴れ
路面温度:約30度~ 
ベストラップ:26.84
リザルト:ー
Fタイヤ:V2 SC1 (930 LAPs) / トミン10回(正履き5回 / 逆履き5回)
Rタイヤ:VS SC1 (790 LAPs) / トミン9回(正履き4回 / 逆履き5回)
※この走行後、テクニタップさんで、F:再逆履き、R:新品V2 SC1に交換
メンテ:ー

トミンフリー走行 (トミン248回目)

前回の梨塾の教訓で、間を開けずに頻度高く練習しようと思ったので、梨塾の翌週のフリー走行
とても気候がよく、気温は15~20度ほどある。

 

 

ただ、懸念だった最終コーナーのオイル痕はまだしっかり残っている。
600~1000ccのバイクの走行ライン上なのでやはり気になる。。

 

 

1本目。20周ほど走って27秒6。スロースターターな自分としては、まあまあなタイム。
ただ、先週梨塾を走ったばかりというのを考えると、もう少し速くてもよいのでは?とも思う。
とはいえ、身体の馴染みが早いのは、やはり間を開けずに走れているからだと思う。

 

2本目。25周ほど走って27秒2。感触は悪くはないんだけど、惰性で走ってしまった気がする。

 

3本目。最終周、本日の通算76周目で26秒89。一応今日も26秒台達成。
途中でF-Compを緩めて、フロントを早く低くして、小回りできるようにしてみた。
これにより、弱めのブレーキで安定させつつも、きちんとフロントを沈められた。
最終立ち上がりで、開け始めから開け切るまでを鋭く(時間を短く)したのも効いてる。
あとは、1コーナの切り返し後の加速区間を若干長めに取ったこと。
なんだかんだいって、やはり「加速区間」に寄与する工夫が、タイムアップにつながるんだなぁ、と。

 

 

 

帰りは守谷SAyo-4さんと昼ごはん&おしゃべりしてから帰宅~

 

メモ

  • 開け始めから開け切りまでを早くする
  • 1コーナー立ち上がりの切り返し後の加速を長く確保する
  • ブレーキはガッツリかけない
  • F-Compを緩めてサスの入りを早くしてみた

 

天候:晴れ
路面温度:約30度~ 
ベストラップ:26.89
リザルト:ー
Fタイヤ:V2 SC1 (860 LAPs) / トミン9回(正履き5回 / 逆履き4回)
Rタイヤ:VS SC1 (720 LAPs) / トミン8回(正履き4回 / 逆履き4回)
メンテ:ー